ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
旧2[335] 「速度が出ない」「設定がわからない」方へ0.70での自分の設定と結果【Plala・Bフレッツマンションタイプ】
日時: 2007/08/27 16:31
名前: GF ID:5ZyKrdgc

「速度が出ない」「設定がわからない」等の声を方々で見かけたので、参考になればと思って書き込みました。

【OS/サービスパック 】 WinXP SP2(TCP最大接続数200に設定済み)
【CP仕様】CPU:ペンティアムD 2.8Ghz メモリ:1GB×1
【BitCometのバージョン】 0.70
【プロバイダー】plala
【回線種別】Bフレッツマンションタイプ
【過去最大速度】[ 3900 KB/s / 1000 KB/s ](下り/上り)
【普段よく見る速度】[1000〜2000 KB/s / 300〜500 KB/s ](下り/上り)

自分の設定と結果は、

全体の最大ダウンロード速度:無制限  全体の最大アップロード速度:1000 KB/s
最大同時ダウンロード数:2
タスクごとの最大接続数:150
全体の最大アップロード接続数:5
TCP接続の最大試行数:100
ピアごとのダウンロードタスクの最大セッション数:3
ピアごとのアップロードタスクの最大セッション数:1
最小ディスクキャッシュ容量:550
最大ディスクキャッシュ容量:700
指定範囲内でディスクキャッシュ容量を自動調整する:ON

だいたいこんな感じです。
最大ディスクキャッシュ容量の設定はほぼ無意味で、
実際には最小ディスクキャッシュ容量に設定した値までしかキャッシュされません。
最小100MB、最大700、自動調整ON にしても、実際には100MBまでしかキャッシュが確保されないので、設定には意味がありません。

http://isp.oshietekun.net/index.php?FrontPage
では問題外とされているplalaですが、速度はそれなりに出ている方だと思います。
午後9時〜午前1時の混み合う時間帯でも速度が落ちることはありません。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

物理メモリ上でないと意味がないということは ( No.15 )
日時: 2007/09/06 21:49
名前: GF ID:6mwEth0g

お二方ともレスありがとうございます。
物理メモリ上でないと意味がないということは、やはり仮想メモリにスワップされてしまうことがあるということですね。
有名どころのメモリ管理ソフトは主な機能として物理空きメモリ量を監視して強制的なスワップを行いますから、注意が必要ですね。

現在のところ最大ディスクキャッシュ容量を300MBにて使用中ですが、
DL速度1600程度で実行タスクが1つの時、書き込み実行頻度0.2〜0.7回/s程度。
DL速度1800程度で実行タスクが2つの時、書き込み実行頻度2.0〜3.7回/s程度。
DL速度1500程度で実行タスクが3つの時、書き込み実行頻度2.5〜5.0回/s程度でした。

3つのパターンにおいて、速度に大差はありませんが実行タスクの数に応じてHDDへのアクセスは確実に増加しました。
ごく簡単なサンプリング調査なのでいつもこの数値となるわけではありません。
書き込み実行頻度2.5〜5.0回/sが多いのか少ないのかもわかりませんが、設定で試行錯誤されている方の参考になればと思います。
メンテ
本筋ではないので簡単に ( No.16 )
日時: 2007/09/06 23:55
名前: K2◆2LEFd5iAoc ID:i0LJ53Ws

スワップとページングは異なります。BitCometのようにほぼ常時動作しているプロセスは普通スワップアウトされません。されるとしたら、マシンのメモリが足りないということになります。

キャッシュはきりしまさんが仰っているように、BitCometでタスクを動かしていないときの空きメモリを確認して、その量以下に納めるべきでしょう。その設定でキャッシュが最大になっているのに、HDDへの実アクセスが頻繁なようであれば、やはりメモリが足りません。(この場合、BitCometの反応がかなり鈍くなるのですぐ分かると思いますが)

あと、実メモリと仮想メモリに分けて考えるのはプログラム的に意味がありません。全て仮想メモリ上に展開されます。だから、プログラムがメモリを割り当てれば仮想メモリが増えるのは当たり前です。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成