ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
旧2[665] 再アップについて
日時: 2008/02/10 19:06
名前: T・H ID:AJtFjsZs

ダウンロードしたのち、タスクを削除してしまいました。
もう一度そのファイルのピアになりたいのですが、どうしたらできるでしょうか。すみませんが教えてください。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

torrentファイルはありますか? ( No.1 )
日時: 2008/02/10 20:00
名前: K2◆2LEFd5iAoc ID:0a74/x4Y

ダウンロードしたときのtorrentファイルがあって、ダウンロードしたファイルに手を加えたり(名前をかえるとか)していなければ、

1.そのtorrentファイルを使ってタスクを追加(起動はしない)
2.タスクのプロパティで保存先をそのファイルの場所に設定
3.タスクを選択して右クリックから「ハッシュ値を照合」を選択
4.100%になったら、タスクを開始する

という手順でOKです。

*ファイル名を変えたりした場合、元の名前に戻して下さい。

torrentファイルがない場合、もう一度torrentファイルをダウンロードできないと、再シードは難しいです。自分がseederになって、新しいtorrentファイルを配布した方がいいかも。
メンテ
無くても可能だが ( No.2 )
日時: 2008/02/10 21:53
名前: ceem ID:GJ/PNXfs

DL完了していれば元のtorrentファイルがなくてもシード可能な場合もありますが運次第ですね。

シードできる条件は新規に作成したtorrentのハッシュ値が元torrentと同じときです。
元torrentがないと確認のしようがないですけどね。

これはInfo Dictionary内の値が元torrentと完全に一致することを意味します。


具体的には以下の通り
テストに出るけど覚えなくてもいいです

・ピースサイズが一致している
・各ピースのハッシュ値が一致している

シングルファイルモードの場合
・ファイル名が一致している
・ファイル容量が一致している

マルチファイルモードの場合
・各ファイルのパスを含むファイル名が一致している
・各ファイルのファイル容量が一致している
・それらが適切なDictionary及びListで構成されている
・ルートエレメント名が一致している

オプション
・選択されているオプション及びそれらの値が一致している。

Cometでは以下の項目が選択された場合、オプションとして含む(作成したクライアントによっては他のオプションも有り)

・公開者の名前(及びUTF-8エンコードされた文字列)
・公開者のURL(及びUTF-8エンコードされた文字列)
・ファイル名をUTF-8エンコードした文字列
・DHTの無効(プライベート)
・HTTP/FTPリソースの検索を有効
・ED2Kリンクを算出


これらのオプションが元torrentに含まれている場合は必ず選択する必要がある。
また、それらの値(名前やURL)が一致する必要がある。


つまり、運よく元torrentにオプションが含まれていないで、ピースサイズが自動選択されているなら、単純に新規作成から作ってもシードできるってことですね。
当然だけど、announceは元ファイルと同じにしないと意味ないよ。
ここまでするなら新規に別トラッカーにホストした方が簡単だが。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成