ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
旧2[926] バッチトレントで小さなファイルをDL禁止した場合って該当部分はどうなっているのでしょう
日時: 2008/06/03 15:10
名前: て2 ID:bvTZQf/M

【OS/サービスパック 】 winXP(SP2)
【BitCometのバージョン】 0.92


ある一つのタスクの中で幾つかのファイルに分かれてる時、
わずか数十バイトという極めて小さなファイル(.url等)を必要ないので「禁止」にした場合でも
ピースサイズの関係上、禁止にしたファイル該当部分のデータもDLしちゃってるんですよね?

だとしたらその数十バイトの端数のデータは
UPのためにどこか特別な場所に保管されてるのでしょうか?
それともすみやかに破棄されてるのでしょうか?

…経験上、
100%近くになったファイルの前後(上下)のファイルを「禁止」以外に戻したら
その瞬間から数%DL済みの状態から始まる事がけっこうあったので、
すみやかに破棄って事は無いと思うのですが・・・。
実際の所どうなんでしょうかね?
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

破棄されていたようです。 ( No.1 )
日時: 2008/06/07 14:05
名前: きりしま◆.CzKQna1OU ID:V3./X1Vo メールを送信する

奇しくも、1.02のリリースノートに回答があります。

http://bitcomet.kirishimaya.com/read.cgi?no=927

> コアの改良:BitTorrentタスクで、バッチTorrentの一部のファイルがダウンロードされているとき、ファイル境界のデータは、 taskname.piece_part.bc! で保存されます。

保存されるようになった→これまでは捨てていた

ということでしょう。

ただ、ファイルとしては残していないだけで、ピースが完成するまでは内部的にはこれまでも保持しているので、そのような現象もあるのでしょう。
メンテ
スッキリしました。 ( No.2 )
日時: 2008/06/19 03:09
名前: て2 ID:pYYL2V8I

ナルホド、そうでしたか。
ありがとうございましたm(_ _)m
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成